Info day

生活お役立ち情報、イベント情報、お悩み解決情報など色々発信しています。

キートン山田、ちびまる子ちゃんナレーション卒業!声優も引退!まるちゃん最後のシーンが泣ける!

2021年3月28日、日曜のちびまる子ちゃんの放送を最後に、声優キートン山田さんが ちびまる子ちゃんのナレーションを卒業しました。 「75歳で『ちびまる子ちゃん』を卒業すると心の中で ...」決めていたそうです。   31年間つとめた、ちびまる子ちゃんのナレーション、最後に粋なシーンがありました。

キートン山田ちびまる子ちゃんとの粋なシーンがSNSで話題に!

 

 

  このシーンはちびまる子ちゃんアニメの歴史に残るシーンになりましたね。 ファンへ向けてのの言葉では、次のようにおっしゃっていました。

――ファンのみなさんへの気持ちを一言。 「ファンの皆さんもですし、番組は大勢のスタッフで作られていて、 特に『ちびまる子ちゃん』は同じ番組を31年間続ける上で、 大勢のスタッフと関わってきたので、そのみなさん方に感謝したい。 こんな長寿番組に出会うのは一生に1度あるかないかですよね。 たくさんあるナレーションのお仕事の中で1番気を遣うのはこの『ちびまる子ちゃん』なんです。 せりふの分量は少ないけど、勢いでできないから、体調とかも含めて1番気を使う。 この年までやってこられたことに、スタッフのみなさんに感謝です」

テレビ番組って流行りすたれが多い中、「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」は ホントに長く愛されているアニメです、私も毎週のように見ています(^。^) もう日曜の18時になると私が見ていなくても、チャンネルはそこになってます(?_?) そんな長寿番組でナレーションを31年間つとめてこられたんですから、 やはりその想いは言葉に言い表せないでしょう、キートン山田さんお疲れ様でした。 さぁそんなキートン山田さんは、 アニメの声優やナレーションでどのような作品に関わってきたのでしょうか? ちょっと調べてみました。

キートン山田が関わった作品は?

キートン山田さんがアニメで関わった作品てどんなのがあったのでしょうか? 引退するとなると、よけにきになりますよね。 まずは映画ではどんな作品に出演されていたのでしょうか?

映 画の出演作は?

1988年 銀河英雄伝説(第1期)(アレックス・キャゼルヌ)1990年 ちびまる子ちゃん 大野君と杉山君1995年 MEMORIES2012年 グスコーブドリの伝記ペンネン技師)2015年 映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年

ちびまる子ちゃんの映画はやはり、出演されていたんですね。 銀河英雄伝説のアレックス・キャゼルヌの声で出演されていたのは知りませんでした。 さてテレビのアニメではどのような作品に出演されていたのでしょうか?

テレビアニメ出演作は?

1971年・・アパッチ野球軍 1974年・・グレートマジンガー/ゲッターロボ 1975年・・一休さん/ゲッターロボG/みつばちマーヤの冒険 1976年・・超電磁ロボ コン・バトラーV 1977年・・惑星ロボ ダンガードA 1979年・・ベルサイユのばら/サイボーグ009(第2作) 1984年・・大自然の魔獣 バギ(店長)/アタッカーYOU!/巨神ゴーグ 1990年・・ちびまる子ちゃん 1991年・・ドラゴンクエスト(第2部)/おちゃめなふたご ―クレア学院物語― 1992年・・風の中の少女 金髪のジェニー/チロリン村物語 1998年・・MASTERキートン 2000年・・人造人間キカイダー THE ANIMATION 2005年・・戦国英雄伝説 新釈 眞田十勇士 The Animation

どれも放映時には人気のあったアニメばかりですね、 私も見ていたのがイッパイあります、なつかしいですね(^^) そんななか、ちびまる子ちゃんが1990年にスタート! 今現在まだ続いているのは、「まるちゃん」だけですね。 まるちゃんてやっぱりスゴイアニメだ! キートン山田さんもこれだけの作品に関わっていて、 やはり声優としてもスゴイ方だったんですね^^ ナレーションも色々とやられていたようです。

ナレーションで関わっていた作品は?

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 京都~出雲大社編/太川陽介,蛭子能収,川上麻衣子, キートン山田(ナレーション) ★ぽつんと一軒家 (ナレーション)キートン山田

キートン山田さんVOD出演作品一覧

※会員専用のVODが含まれております。VODの視聴には各社のサービスに加入する必要があります。
VOD バギ VOD バギ[/caption]

大自然の魔獣 バギ

U-NEXT

メモリーズモリー

MEMORIES

U-NEXT

ふーにゃん ふーにゃん

オヨネコぶ~にゃん

U-NEXT

銀河英雄伝説外伝 銀河英雄伝説外伝[/caption]

銀河英雄伝説 外伝 螺旋迷宮

U-NEXT

ホントに色々な作品に関わってこられていたんですね、 そんなキートン山田さんがナレーターとして、活動を始めたのは38歳からだそうです。

キートン山田、ナレーターとして活動を始めたきっかけは?

キートン山田】遅かったですね。38歳からだから。 キートン山田になった年からです。改名した理由は、仕事に行きづまっていたからでね。 仕事がなくなり、アルバイトをしたり、学校に教えに行ったり、悶々としていた。 若い人がどんどん追い抜いて行ってね。どうしたものかなと。 じゃあ、こんな感じでやってみようと思っても、その先には必ず先輩がいて敵わない。 そこで一か八か、自分のまんまを出すことにしました。 個性がないと言われていたけれど、田舎育ちの貧乏な家庭で育ち、隠して生きてきたものを取っ払って、泥臭い感じで生きて行こうと。 カッコつけるのを止めて、キートン山田に改名しました。 面白いこと、やりそうなイメージがありますよね。
このような時期にちびまる子ちゃんのナレーター役が決まったそうです。
キートン山田としてスタートした時にちびまる子ちゃんに出会い、
それから31年ちびまる子ちゃんと一緒に歩んできて、
 
感動的な人生ですね、ちびまる子ちゃんはまだまだ続いて行くと思いますが、
またイレギュラーで出演するようなことがあれば良いな~なんて思っています。

まとめ

キートン山田さんが声優を引退されました、 いままで数多くのアニメ作品の声優や、テレビ番組のナレーションも 担当してきました。 アニメちびまる子ちゃんでのナレーションは、 31年間もの長きに渡り担当してきて、最後の放映では まるちゃんとの絡みがありました。
キートン山田 「ハンカチ落としたよ」 まるちゃん  「ありがとう」 キートン山田 「まるちゃんありがとう」
といって去っていく、、、。 記憶にのこる最高のシーンでした。