everyday.Smil

生活お役立ち情報、イベント情報、お悩み解決情報など色々発信しています。

認知症の原因物質が歯周病で蓄積⁉驚きの研究結果が発表!

歯周病菌が体内に侵入することにより、
認知症の原因物質が脳に徐々に蓄積し記憶障害が起きるそうです!なんとその仕組みを九州大などの研究チームが解明しました。
歯周病認知症の関連は近年注目を集めており、
認知症対策につながる発見という。

 認知症の7割を占めるアルツハイマー病の原因物質が歯周病から。

認知症の7割を占めるアルツハイマー病は、「アミロイドベータ(Aβ)」などの異常なたんぱく質が長年、少しずつ脳に蓄積し、発症や症状の進行につながるとされるそうです。

その歯周病の原因菌や毒素が血管を通じて体内に侵入することで、Aβが体内でつくられ、脳に蓄積することが解明されてきていたんですが、脳への蓄積の仕組みは詳しく分かっていなかったんです。

そこで九大や北京理工大(中国)などの研究チームは、歯周病菌を直接マウスの腹の内部に3週間投与して感染させ、正常なマウスと比較したそうです。

なんとその結果、歯周病菌に感染したマウスの脳血管の表面では、
Aβを脳内に運ぶ「受容体」と呼ばれるたんぱく質の数が約2倍に増えていたそうです。
そして脳細胞へのAβの蓄積量も10倍に増えた。

マウスに、暗い部屋に入れば電気ショックを受けることを学ばせた記憶実験では、
正常なマウスは5分間、明るい部屋にとどまり続けたが、
感染マウスは約3分で暗い部屋に入ってしまい、記憶力の低下が裏付けられたそうです。

その一方、Aβを運ぶ受容体の働きを邪魔をする薬剤を使ったところ、感染した細胞内を通るAβの量を4割減らせることも確認できたそうです。

結論としてチームの武洲(たけひろ)・九大准教授(脳神経科学)は
歯周病菌が、異常なたんぱく質が脳に蓄積することを加速させてしまうことが明らかになった。」
と発表しました。

歯周病の治療や予防で、認知症の発症や進行を遅らせることができる可能性がある」と話しています。(竹野内崇宏)

歯周病菌が認知症の原因て怖いですね!
私も歯茎から血が出たりする時もあるますし、歯周病にかからないように注意はしていますが、
実際に歯周病ってどうやったら防げるんでしょう。

歯周病の原因と予防はどうすればいいの?

歯周病の原因はプラークと言われていますが、プラークって何でしょうか?

プラークとは、歯に付着している白、または黄白色の粘着性の沈着物です、
非常に多くの細菌とその産生物から構成されているんです。

またプラークバイオフィルムとも呼ばれていて強固に歯に付着してるだけでなく、
薬品だけでは除去しにくい状態になっています。
そのためにしっかりと歯ブラシ等で除去することが大切なんです。

歯周病に)煙草が悪いってご存知ですか?

◎喫煙が悪い理由はいくつかあります。

☑喫煙する人は統計的に喫煙しない人よりも歯周病にかかりやすいというデータがあること。

☑タバコに含まれる化学物質が歯肉からの出血を抑えたり、歯肉を硬くすることで症状が気づきにくくなること。

☑喫煙者は末梢血への影響があるので、歯周病の治り方が悪くなること。

このように喫煙は良くないことが分かっているんです。
つまりタバコは歯周病になりやすくするばかりでなく、気付き難くし、また治り難くする原因と言えるのです。

これを機会にタバコを吸っている人は禁煙を考えたらいかがですか?
私は禁煙して30年経ちますが、禁煙前は一日30本以上吸っていました。
胃穿孔という病気になり、病院の待合室でタバコを吸っている時に、
今すぐ入院するかタバコを止めるかを迫られました。

仕事柄、入院という選択はできなかったので、タバコを止め毎日点滴をうちに病院に通いました。
我慢できなくてタバコを買って、、一本取り出し、火をつけ一口吸って、、全部捨てました。
それ以来タバコは吸っていません。

多分病気になっていなければタバコは止めていなかったでしょう。
ですからタバコを吸っている人の気持ちもよくわかります。

きっかけがないとなかなか止められないです。
タバコが歯周病の原因と知ったら?歯周病菌がアルツハイマー認知症の原因と知ったら?
あなたが将来の自分の姿を想像した時、、、70代、80代で認知症??

元気で健康寿命を延ばすには少しでも健康リスクを取り除きましょう。

歯周病の予防はどうすれば?正しい歯磨き法とは?

毎日何気なく行っている歯みがきですが、ほとんどが自己流の磨き方です、それではきちんと磨けていないことも多いものです。

磨き残しがあると歯垢が残ったままになり、歯周病菌の温床になります。

正しい歯みがき方法を覚えましょう。

磨き方のコツ

歯ブラシが歯と歯ぐきの間に届くように気をつけながら、
細かく動かして歯垢を落とします。

強く当てる必要はありません。
自分の歯に合わせてブラシの先やわきなども使いながら、
すみずみまで毛先を当ててブラッシングしましょう。

1、歯と歯茎の間にブラシを45度の角度に当てます、それから歯ブラシを横に細かく振動させます。

2、ブラシを垂直に当てて、歯と歯茎の歯の間に毛先を入れ、細かく横に振動させます。

3、前歯や裏側の歯がデコボコしているところは、縦に当てて磨きます。

歯ブラシの選び方

すみずみまで毛先が当たるようヘッドが小さめのものがいいです。

毛先は歯垢を落としやすいようある程度の固さがあるものを選ぶのが良いそうです。

毛先が開いてきた歯ブラシは歯垢を落とす能力が劣るので交換しましょう。

見た目に変化がなくてもブラシの弾力が劣ってきますので、1ヶ月に1度は交換するこが良いようです。

まとめ

認知症の原因が歯周病菌にあるとの研究発表がありました。

歯周病菌はタバコを吸うことにより発症のリスクが高くなるそうです。

歯周病予防の歯磨きの仕方と歯ブラシの選び方をお話しました。