everyday.Smil

生活お役立ち情報、イベント情報、お悩み解決情報など色々発信しています。

NHKの受信料、カットフィルターで受信料支払い問題に大きな進展か?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「受信料契約を締結する義務はない」

NHK日本放送協会)が映らない装置を付けた場合に、
受信料を払う必要があるかどうかを争った訴訟の判決で、
東京地裁の小川理津子裁判長は6月26日、原告の訴えを認めた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これは大きな判決ですよね!
NHK社屋
私もNHKの受信料は払っていません。
第一の理由はNHKを見ないから。
テレビじたい見ませんので、テレビを持っていません。
カーナビも付けていません。
iphoneなのでスマホワンセグは付いていません。

こんな理由からNHKの訪問員が来ても、これで帰ってもらっています。

今はテレビって必要なのかなって思います、
スマホタブレットでニュースは見れるし、
ドラマや映画も見れるアプリはイッパイあります。
年間に数万も、地上波と衛星で契約すれば年間4万以上です。
馬鹿々しい。

写真のNHKの新社屋・3400億円だとか?
NHKの30歳の年収・・・1000万と言う話です。

こんな話を聞くとますますNHKを見ようなんて思わない。
受信料はNHKを見たい人が払えば良いんじゃないですか?

ということで、また冒頭の話にもどりますが、
どういうことかと言うと、テレビにフィルターを付けて
NHKを受信しないようにすれば、払わなくて良いということなんです。

NHKに勝訴した3千円テレビ カットフィルター付ければ受信契約不要

訴えたのは東京都文京区に住む女性です。
代理人を務めた高池勝彦弁護士が説明する内容は次のようなことでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~
「原告の女性は、
NHKが映らなくなるカットフィルターと呼ばれる
装置が付いた19インチのテレビを購入しました。
民放しか映らないようになっています。
NHKが受信できないのだから、受信料を支払う義務はありません」

~~~~~~~~~~~~~~~~
なるほど、このNHKが映らなくなるカットフィルターが
付いていればテレビを持っていても支払いはしなくて良いと言うことですね。

放送法にはこんな文言があるんです、
放送法64条には「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、
協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」とあります。

受信できなければ払う必要が無いと言うことですね。
でも、この放送法こそ、そろそろ問題じゃないのかな?
と私は思います。

何故かと言うと、これってテレビが日本に出回り始めた時の法律じゃないですか?
その当時はNHKしかないから、、、テレビを購入=NHKを見るしかない=受信料契約をする。

これが放送法64条協会の「放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、
協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」

にあたるんでしょう。

今の時代民放各社や、その他YouTube有り、TVer、ABEMATV、ユーネクスト、
Amazonプライム、BuzzVideo、TikTok、Disney、hulu、
Netflixなどなど、無料、有料がありますが、
自分で見たいもを選んで見ることができる時代です。

何をわざわざ見もしないNHKの受信料を払わなくちゃいけないのか?
意味が分かりません。

ということで今回の原告勝訴は大きな進展です。
ところでこのカットフィルターってどんなもの?

NHKを受信させないカットフィルター

[caption id="attachment_352" align="alignnone" width="659"]地上波カットフィルター テレビ、BS/地上波のカットフィルターAmazon[/caption]

このカットフィルター、iranehk(イラネッチケー)を作ったのは、
筑波大准教授でメディア工学などを研究する掛谷英紀氏です。
2013年から開発に取り組み、その翌年にアマゾンで販売を始めたそうです。
価格は5千円程度です、Amazonで検索したらでていました。

このカットフィルターでの裁判は、
NHKから国民を守る党の立花孝志党首が過去に起こしていました。
だが、そのときはテレビの外側に装置を付けたことから、
「フィルターを取り外してNHKを見ることができる」
などとして原告が敗訴したとのことです。

今回のテレビでは、チューナーの近くにフィルターを埋め込んだ上、
硬化剤などに使われるエポキシ樹脂でガチガチに固めたそうです。。
無理に外そうとするとテレビ自体が壊れて、使えなくなる位にしっかりと。
NHKは容易に復元できると主張したようですが、
実験をした結果、受信できる状態ではないと裁判官も判断したようです。

★カットフィルターを外側で敗訴
★内側にしっかりと固めて取り付けると勝訴

これはNHKを見ない、受信料は払わないとしている方には、
一つの行動基準としての目安になりますね。
カットフィルターを購入して、
内部にガチガチに取り付けることで、支払い免除!
まぁこれでTVの問題は解決できます。
以前総務省はとんでもない発表をしました。

総務省発表、スマホタブレットも受信料を徴収⁉

19年の初めに総務省は次のような発表をしました。
~~~~~~~~~~~~~
NHKテレビ有無のなしにかかわらず、
スマホタブレットにも対象を広げる。
~~~~~~~~~~~~~
これには大きな反対がありました。
NHKは放送番組の常時同時ネット配信を、
2020年4月から開始するとのとこを、
総務省に伝たことで、総務省は次のような見解を
新たに出しました。

「常時同時配信を受信できることをもって、
スマートフォンやPCなどの所有者が新たに
受信料を負担することになるものではない」

まぁこれで一安心なんですが、
もし徴収が決まったら、とんでもないことがおきていたんじゃないですか?
NHKもその辺を考えて、ネットへの常時同時配信できるようにもって行ったのでしょう。

視聴者を敵にしたらダメです!
NHKから国民を守る党の立花孝志党首が
NHKの内情をドンドン明らかにしてくれたので、
あまり無理なことを言うとNHK
受信料システムすら崩壊しかねませんからね。
視聴者を敵に回したくないNHKは受信料の値下げをします。

NHK受信料の値下げ!

受信料額2020年まで。

[caption id="attachment_354" align="alignnone" width="1208"]受信料額 月額、2カ月払い、6カ月払い、12カ月払い[/caption]

受信料額2020年10月から減額、しかし一年で地上波と衛星で約4万って?

これに車のカーナビ、スマホからも徴収するってありえない!

[caption id="attachment_353" align="alignnone" width="1267"]受信料額2020年から 2020年から、月額、2カ月払い、6カ月払い、12カ月払い[/caption][caption id="attachment_354" align="alignnone" width="1208"]受信料2020年まで 月額、2カ月払い、6カ月払い、12カ月払い[/caption]

NHKは2020年10月から受信料の値下げをします!
これはネガティブイメージが少しはやわらぎますか?

いやいや無理でしょう!なにしろ高すぎます。

民放が広告収入で回しているなか、
受信料システムで経営しているNHK
自分たちは恵まれていると考えるべきです、
民放が視聴率重視の為に予算や制作に制限をもたれ、
知恵を絞り経営をしているのでうすから。

NHKは広告収入で縛られないので、
当然に視聴率に追われることもない、
このことを次のように言っていますが。

「視聴率に縛られず、不偏不党を貫くためには受信料システムが必要なんです」

この言葉を聞いてあなたはどう思いますか?
人それぞれだと思います、私は???が多いんですが。

関連記事はこちら

まとめ

NHK受信料裁判で勝訴・・・テレビにカットフィルターを装備
外側ではなく、内側にしっかりと取り付けることでNHKの受信をできなくする。
これにより支払い契約は無効との判断。
スマホタブレットにも受信料を徴収するとの発表があったが、
反対があまりにも多く、ネットへの常時同時配信することで、
徴収する必要はないとの見解で落ち着く。